素人が行ってしまいそうなホームページデザイン!その内容とは?

素人が行ってしまいそうなホームページデザイン!その内容とは?

四角い画像をただ並べて配置するホームページデザイン

ホームページの一つ一つのコンテツは、四角い枠の中に収めて表現する内容ですよね。四角い形の内容の物を並べただけの表現と言うのは、ダンボールを積み重ねただけのデザインとなり、ユーザーに対して単調すぎる印象を与えてしまう可能性がありますよ。又、コンテンツとコンテツの間は必ず隙間を設ける事も大切です。角を丸めた四角と言うのは、柔らかい印象を与える事が可能であるため、適度にこのような枠を使って表現するのも一つの方法ですよ。本文に対して丸みのある書体を利用して、ホームページのタイトルを付けるのもポイントの一つです。

色彩調和論から崩れているホームページデザイン

色には心理的に影響を与える色と言う物があり、心理的に作用する色に合わせてデザインを行う事が重要です。例えばアイスクリームを紹介するホームページにおいて、配色が赤だと溶けてしまいそうなイメージがありますよね。アイスクリームを紹介するならば、爽快感を与える青や緑が望ましいと言えます。色彩調和論って何だか大学で学ぶ様な難しい論理的な考えだと思ってしまう方もいますが、自然界には調和された色が豊富にあり、植物や昆虫、動物などから配色を学ぶ事が出来ますよ。

トップ写真画像に載せる文字が本文と同じ書体と大きさ

直ぐに素人が作成したホームページと、プロが作成したホーページを見分ける指標の一つに、トップ画像における文字の扱い方が挙げられますよ。トップ画像と言うのは、ホームページの一番上に来る画像であり、あえて言えばホームページの顔になる場所になります。このトップ画像と言うのは、より引き立てるために文字の大きさを大きめに作成を行ない、又、扱う書体も一般的に扱わない書体で引き立てる事も重要ですよ。画像を引き立てるために、あえて小さな文字を扱う手法がありますが、この場合は書体に対して特徴を設ける事が大切と言えるでしょう。

利用者が使いやすいホームページを制作したい場合には、ホームページ制作の専門業者への依頼を活用できます。