フリーランスで成功させるために!気を付けたいポイントとは

フリーランスで成功させるために!気を付けたいポイントとは

制作費用は安く見積もらない

フリーランスになって、ウェブデザイナーとして生きていくのであれば、自分を安く売ってはいけません。その為に大切なのが、見積もりになります。クライアントが特にウェブに関する知識が無ければ、とにかく安い金額で作ってもらいたがるでしょう。ですが、最初に安い金額でOKを出してしまいますと、次にお願いをする時にも、同様の金額を求められてしまう可能性が高いのです。ある程度の知識を持って、自信を持ってフリーランスになったのですから、出来る限り自分を安売りしないで、堂々と自信を持って営業するようにしましょう。

ページ数に応じて必要な費用がある

お願いされたページが、数ページ程度であれば問題ありませんが、もしも50ページを超えるような、大規模サイトの制作をお願いされた場合には、必ず見積もりにディレクション費用と制作進行管理費用を含めるようにしましょう。その際に、出来ればその料金は制作全体に掛かる費用の10%をもらう事をおすすめ致します。そうすれば、大規模サイトを作るにあたって、なかなか要件がまとまらないクライアントに遭遇した時も、途中で案件が打ち切りになった時に、そこまでのディレクション費用という名目でお金を請求する事が出来るんです。働いた分はきちんとお金をもらう様にして下さいね。

スケジュールはしっかりと

クライアント側で、何時までに作らないといけないんだという場合には、その納期に向かってどんどんと制作は進んでいきます。ですが、特に決まった納期も無く、とりあえず作ってもらえれば良いといった感じのクライアントですと、納期を決めないとどんどんと制作する日数が伸びていきますので、注意が必要なんです。ですので、大まかな納期を決めて、作業をきちんと考えて、クライアントに簡易的なものでも良いので、スケジュールを作りましょう。そうすれば、ダラダラと終わりの見えないサイトを作る事もありませんよ。

コーディングとは、プログラミング言語を用いてプログラムのソースコードを作成することです。人間向けに書かれた画像や文書を元に、それをコンピュータ上で再現できるよう記述していく作業です。