操作や動作が重くなったらこれ!パソコンを掃除してスッキリ稼働を目指そう

操作や動作が重くなったらこれ!パソコンを掃除してスッキリ稼働を目指そう

パソコンのクリーニングをする意義とは

綺麗な室内で使用し続けているから大丈夫と安心して1年以上も掃除をしないままパソコンを使用し続けていると、思わぬトラブルや障害に見舞われてしまうものです。次第にマウスの動きが悪くなったり、筺体の中から耳障りな異音が発生したりという変化はありませんか?これらの動きの悪さは大抵、マウスやキーボード、そして筺体内に埃が入り込んで蓄積した結果、センサーやファンが汚れ反応が悪くなった結果発生しているものなのです。やはり高価なパソコンですから出来るだけ長く愛用していきたいですよね。クリーニングをまめに行う事によってより寿命を延ばす事が出来るのです。

マウスやキーボードのクリーニングはどのタイミング?

どれくらいのペースでパソコンのクリーニングを行ったら良いのか、悩むところですよね。マウスやキーボード等の入力デバイスについてはキーやポインタの利きが悪くなった時点ですぐ行うのがベストです。市販の電子機器用エアクリーナーやピンセット、綿棒等を用意し、マウスはカバーを取ってボールや回転軸、そしてセンサー周りに溜まった埃や毛玉を丁寧に除去します。またキーボードはキートップの間に溜まった埃をエアクリーナーで念入りに吹き飛ばせば十分。再び組立てセットし直し共に動きをチェックして完了。見違えるポインタやキーの反応に感動する事でしょう。

筺体のクリーニングは完全に電源を落としてから

筺体のクリーニングはパソコン快適動作の為の肝となるべきポイントですが、取扱は慎重に行いましょう。まずは電源コードを抜き完全に電源を落とす事。筺体内にはマザーボードやパワーサプライを始め高圧電流を滞留させているコンデンサが多く、コードを挿したまま手入れをするとかなり危険です。電源を完全に落とした事を確認してから、エアクリーナー等でファンやパワーサプライ内に溜まった埃を吹きとばしたり、メモリスロット周囲に溜まった埃やゴミを丁寧に取り除いていきましょう。また必要に応じて各ボードに挿さっている電源ケーブルや転送ケーブルを抜き、クリーニングし易い状態にする必要があります。クリーニングが全て終了したたケーブルを全て元通りにし、試運転をしてみましょう。電源を入れ、正常な稼働を確認した上で再び電源を落とし、カバーを取り付ければ完了です。

中古パソコンでも高スペックのものは高値で買い取ってもらえ、CPUやグラフィックボードなどのパーツ単位でも売却可能です。